「歌心に満ちた華麗なピアニズム」

寺田まり デビュー15周年記念リサイタル

「音楽現代」2012年3月号 

寺田まりがデビュー15周年記念リサイタルを開いた。前半は寺田自身の感謝を込めた挨拶に続きリストが2曲演奏され、まずは「愛の夢」第3番。歌心に満ちた華麗なピアニズムを披露した。次のバラード第2番ロ短調でも寺田の表現力はなかなかのもの。轟然たる低温といい、最後の魂の平穏まで多彩な音のドラマを構築していた。さらにドヴュッシーも2曲で、夢幻的な「月の光」と鮮烈な「雨の庭」の対比が素晴らしい。そして恩師岩崎淑が登場、寺田とのトークに続き連弾によるラヴェル<ガーバン編>「ラ・ヴァルス」。連弾版は筆者も初めてだが若干窮屈そうなものの一体感は増し好ましかった。 後半のムソルグスキー/組曲「展覧会の絵」では寺田の雄弁な表現力が全開。オケ版にも劣らぬ華麗で色彩的な名演が繰り広げられた。アンコールもまずグルック「精霊の踊り」で聴衆を魅了。そしてモーツァルト/トルコ行進曲ではアレンジで遊びに遊び、最後はクライスラー「愛の喜び」で酔わせた。
(1月4日東京文化会館小ホール)

浅岡弘和